DACユニバーサルを導入しました

DACユニバーサル【ドイツ製シロナ社】の導入

DACユニバーサルは、歯を削る機械(タービン・マイクロモーターハンドピース・エアースケーラー)の洗浄・注油・滅菌を短時間で自動的に行う滅菌システムです。一度に6本のハンドピースを16分で洗浄・注油・滅菌できます。歯科医院で歯を削る機械をタービンといい、タービンを完全に滅菌できるものです

更に滅菌パックに入れたミラー、カンシなどの棒物の滅菌も可能。
患者さまは勿論のこと、患者さまと接触するスタッフも交叉感染から守ります。
DACユニバーサルはウィルス・細菌感染から診療所と患者さまを守るお手伝いをします。

◆ウイルス、菌類の例
・ヘルペスウイルス
・B型肝炎ウイルス
・HIV
・C型肝炎ウイルス
・結核菌
・髄膜炎菌
・インフルエンザウイルス
・梅毒

洗浄、注油、滅菌(内部&外部)

DACユニバーサルによるメンテナンスの流れ
■ 交叉感染防止
・歯を削る機械(ハンドピース)内部の「洗浄」と「滅菌」は必須です。

歯科医療機関において、交叉感染の可能性が高い器具は歯を削る機械(ハンドピース)とされており、その複雑な内部機構ゆえ、汚れや 細菌が付着しやすいのです。
オイル、切削カス、血液細胞、唾液などを取り除くには適正なクリーニングが必要です。
滅菌で取り除くことはできません。

2015-03-18 | Posted in  Comments Closed 

 

ノーベルガイドインプラントとは

究極の安全を求めた最先端のインプラント治療システムで、体への負担を最小限にしました。

日本橋グリーン歯科の最大の特徴でもある、ノーベル・バイオケア社製の「ノーベルガイド」のコンピューター制御によるインプラント治療は、これまで歯科医師の手先の技術や経験に頼ることが多かったインプラントを、さまざまな最新のシステムや設備を用いて、コンピューター制御と数値化して行っています。
インプラント治療を正確にサポートし、予知性・安全性を更に向上させる画期的なシステムです。
このシステムにより、誤差のない診断と、体への負担が少ない確実な治療が可能となりました。

ノーベルガイドシステムによるインプラント治療のメリットとは

1.正確なシュミレーションと診断の検証結果に基づいた精密なインプラント治療で安心・安全を確保。

2.歯茎を切らない(フラップレス)インプラント治療も可能です。この場合、体への負担は大幅に軽減します。

ノーベルガイドシステムの特徴

1.全体像を見ながら治療計画を実施
患者さまの解剖学的構造と補綴形態を組み合わせ、骨量と骨質、重要な解剖学的構造、そして補綴形態といった様々な要因に基づき、適したインプラントの埋入位置とアバットメントのタイプを決定していきます。

2.スキャンデータで細部まで確認
ボリュームレンダリング法を取り入れた解剖学的な3Dビューで患者さまへ、より詳細でわかりやすい説明をお見せすることができるようになりました。
また、3Dビューで骨モデルをリアルに再現し、歯根と残存歯をビジュアル化することが可能となりました。

3.より安全かつ迅速なインプラント治療計画をサポート
インプラントの歯式を入力し、埋入部位にX線断面図を表示させることができるため、歯根や神経に近すぎないか等の確認が正確に行えます。
万が一、近すぎるという判断の場合、アラート(警告)が表示されます。

インプラント症例

インプラント治療の流れ

インプラントについてのよくあるご質問

2015-02-11 | Posted in  Comments Closed 

 

技工部に歯科用多機能CAD/CAMシステムを導入しました。

笠原歯科は院内に技工部を有し、高い精度と審美性をもって製作に当たっております。

そしてこの度、新しくシロナ社製の歯科用CAD/CAMシステムを導入いたしました。
最新のテクノロジーを駆使し、従来にも増して患者さまに最適なものをお作りしたいと思っております。




2015-01-13 | Posted in  Comments Closed 

 

「ノーベルガイド」を使用したインプラント治療の流れ

「ノーベルガイド」を使用したインプラント治療の流れ

<ラジオグラフィックガイドの場合>

1.患者さまの状態をシュミレーションソフトに登録
ノーベルガイド専用の3Dシュミレーションソフトへ患者さまのCT情報を登録します。
治療計画から埋入までのインプラント治療の流れを確認し、より安全に治療が行えるようにサポートするためのシステムです。

2.「ラジオグラフィックガイド」の準備
コンピューターガイドシステムを活用したインプラント埋入手術に際して、咬合面、歯冠形態をCT画像に取り込むためのマウスピース(ラジオグラフィックガイド)の作成を行います。

3.CTスキャン
CTスキャンで、ラジオグラフィックガイドを装着したケース撮影とラジオグラフィックガイドだけでの撮影を行います。
撮影したデータは、シミュレーションや治療計画、インプラント埋入手術に活用されます。

4.シミュレーションソフトを用いた正確な治療計画
患者さまのCTスキャンデータをもとに、コンピューター上の3Dデータを確認し、インプラントの埋入位置や角度を正確にシミュレーションします。
CTスキャンデータから得られる細かな情報をもとに、安全にインプラント治療が行えるように治療計画を立てます。


<スマートフュージョンの場合>

1.患者さまの状態をシュミレーションソフトに登録
ノーベルガイド専用の3Dシュミレーションソフトへ患者さまのCT情報を登録します。
治療計画から埋入までのインプラント治療の流れを確認し、より安全に治療が行えるようにサポートするためのシステムです。

2.ワックスアップの作製
適正な咬み合わせとなるよう、欠損した部分の歯の模型を作製し(ワックスアップ)、理想的な歯の形をコンピューター上に取り込みます。

3.情報の共有・確認
  患者さまのCTデータと上記の診断用データをコンピューター上で融合させ、理想的なインプラントの埋入計画を設計し、ビジュアル化します。

4.優れた修復を実現
設計したものをノーベルバイオ社に送信し、ノーベルガイドを作成し、これを用いて手術を行うことにより、安全にインプラント治療が行えます。

2015-01-11 | Posted in  Comments Closed 

 

笠原幸雄

経歴
昭和45年 3月 私立開成高校卒業
昭和49年 3月 早稲田大学理工学部卒業
昭和55年 東京医科歯科大学歯学部卒 補綴学専攻
昭和56年 3月 東京医科歯科大学歯学部卒業
昭和56年 4月 東京医科歯科大学歯学部第2補綴学教室入局
昭和56年 6月 東京医科歯科大学付属病院勤務
昭和58年 3月 東京医科歯科大学付属病院退職
昭和58年 4月 勝部歯科医院勤務
昭和58年 8月 勝部歯科医院退職
昭和58年 9月 笠原歯科医院 蔵前開設
平成5年 12月 医療法人社団寿幸会設立
平成6年 6月~現在 医療法人社団寿幸会笠原歯科医院 人形町開設、院長
平成7年 4月~平成9年 3月 社団法人台東区浅草歯科医師会会計担当理事
平成7年 9月~現在 東京シティー日本橋ロータリークラブ会員
平成8年 6月~平成28年5月 東京医科歯科大学歯学部東京同窓会常務理事
平成8年 9月~現在 医療法人社団周優会日本橋グリーン歯科常務理事、院長
平成9年 4月~平成11年 3月 社団法人台東区浅草歯科医師会保険担当理事
平成11年 4月~平成13年 3月 社団法人台東区浅草歯科医師会総務担当理事
平成11年 6月~現在 お茶ノ水医業協同組合理事
平成11年 8月 医療法人社団寿幸会笠原歯科医院 千川開設
平成16年 3月 医療法人社団寿幸会笠原歯科医院 人形町分院開設
平成17年 4月~平成25年 3月東京都歯科医師会付属歯科衛生士学校運営委員
平成17年 4月~平成21年 3月社団法人東京都日本橋歯科医師会災害対策委員会委員長
平成17年 7月 医療法人社団寿幸会笠原歯科医院 六本木分院開設
平成18年 6月~平成21年 5月 日本歯科医師会青色申告会全国連合会理事
平成21年 4月~平成23年 3月 社団法人東京都日本橋歯科医師会会計担当理事
平成21年 6月~平成25年 3月 東京都歯科医師会青色申告会連合会相談役
平成22年 4月~現在 一般社団法人日本橋倶楽部会員
平成25年 6月~現在 東京都歯科医師会付属歯科衛生士学校運営委員長
平成28年 6月~現在 東京医科歯科大学歯学部東京同窓会参与
平成28年10月~現在 東京商工会議所中央支部サービス分科会副会長

2015-01-07 | Posted in  Comments Closed 

 

笠原歯科 技工部

笠原歯科 技工部
技工部に歯科用多機能CAD/CAMシステムを導入しました。

CADCAM
【プロフィール】
伊藤 麻紀
・日本大学歯学部附属歯科技工専門学校卒
・青嶋ゼミ ベーシックコース修了

岩松 雅子
・東北大学歯学部附属 歯科技工士学校卒

【患者様に一言】
患者様お一人お一人の個性を生かしつつ、ご希望をお伺いし喜んでいただけるよう作製いたします。

内部写真

笠原歯科 技工部
中央区日本橋人形町1-16-5
TEL:03-6413-8508

2015-01-07 | Posted in  Comments Closed 

 

インプラントについてのよくあるご質問

インプラントの実績はどのくらいありますか?

当院は、現在までの合計で760症例以上、本数にして1,000本以上のインプラント手術の実績があります。また、現在では年間100本以上の手術を施術しております。

当院では、インプラント手術にあたってはアメリカで実績のあるスクリューベントインプラント、世界的にシェアの高いブローネンマルクインプラント、ヨーロッパで有名なITIインプラント、日本製のアローインプラントを患者さまの症例やご予算に合わせて最適なものを用いております。

スクリューベントインプラントは普通のインプラントとどう違うのですか?

骨との親和性が強い最新の先端技術素材を用いたインプラント体です。
「MP-1プロセス」という手法で、ハイドロキシアパタイト(HA)をインプラント体の中央部にプラズマ容射法に熱処理を加えてコーティングしてあります。
この「MP-1プロセス」とは、HAコーティングに極めて高度な技術を持つZimmer Dental社が開発したPlasma-Spray後加圧熱水処理法と呼ばれる画期的なHAコーティング法です。

通常のプラズマ溶射法で形成されたコーティング層のHA結晶度(45%~77%)よりはるかに高い96%で、HAコーティング層の溶解・消失に極めて高い抵抗値を示します。
また、結晶度を高めても母材との接着強度および骨との生物学的結合に影響を及ぼすことはありません。

さらに、表面粗さは平均49μ(Ra)でコーティング層の厚みは骨との接合強度試験結果で信頼性の高い50μで形成されています。

治療費はどのくらいかかりますか?

インプラント治療は健康保険で取り扱うことはできません。すべて自由診療になります。
また、使用するインプラントの種類や本数、被せ物の違い、さらに顎の骨の状態によって骨を造成する手術の有無によって異なります。
詳しくは下記の料金表をご覧ください。
価格は全て税抜き価格です。

1.検査費用
パノラマレントゲン、X線CT、血液検査、血圧測定、口腔内検査、歯型 50,000円
※心電図検査を行う場合 60,000円

2.インプラント埋入手術 1本につき 250,000円
特別な症例の場合
※症例に応じご説明いたします。
サイナスリフト(上顎の増骨手術) 250,000円
ソケットリフト 50,000円
エムドゲインの使用 50,000円
GTR(組織再生誘導) 50,000円
骨片採取による大きな骨移植 200,000円
予備インプラント埋入 60,000円
インプラント矯正(アンカー1本につき) 100,000円

3.アバットメント(支台装置) 50,000円

4.上部構造
オールセラミックス 130,000円~
メタルボンド(プレシャス) 120,000円~
メタルボンド(ノンプレシャス) 100,000円~
白金加金 80,000円~
ハイブリッドセラミック 60,000円~
ボーンアンカードフルブリッジ
12本(90%セラミックス)
1,400,000円~
ボーンアンカードフルブリッジ
10本(90%セラミックス)
1,200,000円~
※100%セラミックの場合はプラス¥300,000

5.メンテナンス
(1)いつも行うメンテナンス
クリーニング代 インプラント1本につき 1,000円
インプラントを含めたお口全体のクリーニング 6,000円
合計 6,000円+本数
(2)必要があるときに行う点検と検診
デンタルレントゲン撮影料 1箇所につき 800円
パノラマレントゲン撮影料 1枚につき 5,000円
CT撮影料(検診結果により必要となることがあります) 25,000円~

他の医院と比べて特に信頼できる点はありますか?

当院では、ノーベルフュージョンを導入し、より安全な手術ができる体制を備えております。
また、レントゲンはドイツ製のデジタルレントゲン装置を採用しています。画像をコンピューター処理で鮮明に写すことができ、術前の検査や手術中もインプラントの埋入状態を正確に把握することができます。
さらに、放射線被爆量が従来の十分の一程度と少なく、患者さまの健康への負担が少ない優れた装置です。

どんな先生が執刀されるのですか?

院長のほか、大学インプラント科助教授を務める医師が執刀を担当しています。

インプラント手術はどのくらいの時間がかかりますか?

インプラントを埋入する本数、部位、骨の状態によって左右されますが、短い場合で30分、長い場合で120分ほどかかります。

治療期間はどのくらいかかりますか?

通常はインプラント手術後、4ヶ月~8ヶ月程度です。ただし、顎の骨の硬さや骨造成の有無、埋入本数、患者さまの治療速度などにより多少異なります。

インプラントの寿命はどのくらいですか?

当院では1984年からインプラント手術をしております。
多くの患者さまが20年以上にわたり何の問題もなくご使用になっていらっしゃいます。
インプラント自体は他の歯と同じように長期間持ちますが、普通の歯と同じように歯槽膿漏になることがあります。
このため長期間よい状態を保つには歯科医院での定期的なメンテナンスが不可欠です。

インプラント手術中に痛みはありますか?

インプラント手術は局所麻酔をして行いますので、通常は痛みを感じることはありません。
また、より快適な手術を受けていただくために、麻酔医による静脈内鎮静法をお選びいただけます。
これにより手術中、気持ちよくうたた寝しているような状態で快適に手術を受けていただけます。

インプラント手術後に痛みや腫れはありますか?

通常の場合は歯を抜く程度で、痛みや腫れはあまりありません。ただし、骨の造成などをした場合は多少腫れる場合があります。

糖尿病ですがインプラント手術を受けることができますか?

今かかられている病院の、医師の指導のもとで病状がきちんと管理されていれば手術を受けることができます。
ただし、最初に詳しい病状を歯科医師にお伝え下さい。
当院から、患者さまが通院されている医療機関に照会させていただき個別に判断させていただきます。

インプラントの治療を受けられる年齢は制限がありますか?

顎の骨が完成する18歳から20歳頃からインプラント治療が可能です。
また、健康状態に問題がなければ90歳の方でも治療を受けることができます。

インプラントの保証についてはどうなっていますか?

当院では定期メンテナンスを受診していただいた場合、インプラント治療に対して次のような長期保証をしております。安心してご来院ください。

(1)インプラントの骨よりの脱落に対する再埋入・・・最長10年間
(2)インプラントの破折・・・最長10年間
(3)アバットメントの破折・・・最長5年間
(4)ゴールドスクリューの破折・・・最長5年間
(5)オーバーデンチャーのクリップ、ねじ等の破折・・・最長2年間
(6)インプラント上部構造の破損・・・最長5年間

※ 最終的な保証期間は口腔内の状態と医師の判断によります。

2014-12-15 | Posted in  Comments Closed 

 

マイクロスコープを導入しています

マイクロスコープを導入しています

日本橋グリーン歯科では、患者さまへより高い精度でのご診療をご提供するため、マイクロスコープ(高精度手術用顕微鏡)を導入しています。

マイクロスコープイメージ


マイクロスコープとは?

従来の裸眼では確認できなかったお口の中の異常や、詰め物などの適合状態を、顕微鏡を用いた診療でより詳しく確認することができます。
治療の効果を高め、口腔疾患の再発予防にも高い効果を発揮します。

患者さまの歯をなるべく削らずに、虫歯になった歯質をより正確に取り除くことができます。日本橋グリーン歯科では健康な歯部分は極力削らないをモットーに治療を行っています。
下の写真をご覧ください。これがマイクロスコープの威力です。


肉眼でみた場合
肉眼でみた場合 

マイクロスコープでみた場合
マイクロスコープでみた場合

肉眼でみた場合
肉眼でみた場合 

マイクロスコープでみた場合
マイクロスコープでみた場合


マイクロスコープの現状について

日本での普及率は、わずか数%程度しか導入されていません。
その理由としてあげられるのは、設備が高額である事や、マイクロスコープは高度な治療の為、それを使いこなす技術と経験を兼ね備えた歯科医師が必要な為であると考えられます。
日本橋グリーン歯科では専門性の高く、経験豊富な歯科医師が多数在籍しておりますのでご安心下さい。
マイクロスコープの診療


マイクロスコープで有効な治療

◆歯の正確な詰め物や被せ物の治療ができます。
詰め物や被せ物が歯に合っていないと、裸眼では気づけないくらい小さな
隙間などができます。少しの隙間でも、ばい菌や食べもののカスが入り込んでしまい、虫歯になってしまいます。
マイクロスコープを使用することにより、歯を滑らかに削ることができ従来より詰め物や被せ物が、よりぴったりとあわせる事が可能になり虫歯の発症・再発防止につながります。

◆根管治療(歯との治療)
根の治療などでは、裸眼ではより深い確認しづらい部位も正確に治療することができます。
歯にひび割れがあると、根の治療が行えないことがあります。マイクロスクープを使用することにより無駄な治療を減らすことができます。

◆インプラント治療(人工物によるネジ型の治療)
マイクロスコープを使用することにより、細部が明瞭に確認できるため、インプラントと
人工の歯の適合精度がよくなり患者さまの負担が最小限のダメージで施術できます。

詳しくは日本橋グリーン歯科へお気軽にお問合せください。

2014-08-15 | Posted in  Comments Closed 

 

ノーベル・クリニシャンによるノーベル・ガイドの症例

実際の症例1:右下に3本のインプラントを予定

①設計前のCT画像です。

②下顎の神経に当たらないように3本のインプラントの位置を確認します。

③患者さまの下顎模型のスキャンデータをCT画像と融合(SmartFusion)させることにより、正確なインプラントの位置を確認できます。

④歯列の上からも位置と平行性を確認します。

⑤別の角度からも詳細に確認します。

⑥完成したノーベル・ガイドです。

⑦インプラントの治療後のレントゲン写真です。
正確な位置に埋入されています。


実際の症例2:左下に1本のインプラントを予定。

①設計前のCT画像です。

②CT画像と下顎模型スキャンでインプラント位置を確認します。

③上からも見て位置を確認します。

④別の角度からも詳細に確認します。

⑤完成したノーベル・ガイドです。

⑥インプラント治療後のレントゲン写真です。
正確な位置に埋入されています。

2014-06-30 | Posted in  Comments Closed