デンタルニュース

初期虫歯とは

初期虫歯とは

子供の頃に学校の歯科検診で、「C1」とか「C2」とチェックされたことはありませんか?
虫歯の進行段階はCOからC4までの5段階あります。
これは虫歯の進行を表す用語で、C は虫歯を意味する「Caries(カリエス)」のことです。
「CO(シーオー)」と診断されることが多いのが初期虫歯です。
Oは数字のゼロではなく、英語の「Observation 観察(オブザベーション)」のオーです。
「要観察歯」のことで、虫歯になりそうな歯・穴があく一歩手前の歯・初期虫歯などとも言われます。
初期虫歯

初期虫歯の状態と治療
健康な歯と見た目がほとんど変わらず、痛みなどの自覚症状もないため見逃しやすいというのが特徴です。
歯科ではすぐに治療せずに様子を見ますが、「要観察歯」なので、早い段階でのケアがとても重要になります。
よく見るとエナメル質が白濁していたり、X線写真で歯の断面を見ると、健康な部分と同じように表面は白く写るのに、歯の内部はミネラルが溶け出していて密度が低く、暗く写ります。
初期虫歯の段階ならば、毎日のセルフケアで歯を修復し、健康な状態に戻せる可能性があります。
穴があいてしまうと元に戻ることがないので、歯科での治療が必要です。

効果的なフッ素
お子様の初期虫歯の虫歯予防や修復のためには、定期的に歯科で歯にシーラントをしてもらったり、高濃度のフッ素を塗布してもらうことが有効です。
初期虫歯を修復するには、虫歯菌の作る酸で溶けた歯の表面に、唾液中のカルシウムが付着して修復する再石灰化が重要です。
再石灰化促進のためにはフッ素が有効です。
フッ素入り歯磨きは、自分で歯磨きができる年齢になれば毎日のケアに取り入れられます。
フッ素は、再石灰化を促進させる作用の他に、酸に強い丈夫な歯にしたり、虫歯菌が出す酵素の働きを邪魔して酸を作りにくくさせる効果があります。
フッ素を歯に効率良く取り込ませるには、歯ブラシに半分以上(1g以上)歯磨き粉をつけ、磨き始めは濃度が高いので初期虫歯の部分や虫歯になりやすい部分から磨きます。
2分間ブラッシングをして、歯と歯のすき間や歯の溝などにも歯ブラシの毛先が入るようにします。

お口をすすぐ時は、すすぎ過ぎるとフッ素が溶け出してしまうので、回数は少なめにしましょう。
学校・職場の昼休みや、外出先でもささっと磨けば効果がありますので、毎日ケアすることが大切です。
ポイントは、家庭で毎日低濃度を!です。
歯ブラシも歯磨きもたくさん種類がありますので、日本橋の歯科で自分に適したものをご相談ください。